ニュース一覧

機能性から選ぶ

ドリル

適合したものを選択

マンションのインターホンを新規に設置する場合や、交換などで新しいインターホンを導入する際には少しだけ気をつけることがあります。まず第一に下の階の共用玄関に設置をする場合にはこれまでインターホンを使っていたのか否かにより費用が異なります。共用玄関にインターホンがなく電子錠も付いていなかった玄関ならばドアユニットもまるごと交換する必要があります。ですから交換なのか新規設置なのかで大きく費用が変わります。また新調する場合でも新しいインターホンと配線があっていない場合には、部品交換が必要なことも多いので、マンションで導入するときには必ず住民に対して説明を行ってからインターホンの交換工事を進めることが大切です。多くのマンションではインターホンに対応した配線になっているため、交換の場合には一戸あたり数分で作業が完了しますが、かなり古いマンションでは大幅な配線の更新が必要な場合もあります。既存のものよりもセキュリティ性能を高めたいという場合には録画機能がついていたり、訪問者の顔を確認できるカメラが付いているタイプを選ぶことで大幅にセキュリティを向上させられます。マンションの場合修繕積立金の中からインターホン導入費用を捻出するのか、あるいは各家庭から負担してもらうのかによって準備の方法も変わりますから、いずれの場合にも住民に対して説明会を行ってから工事の告知をすることが大事です。インターホンの設置工事そのものは一週間もかからずに終わります。

オススメ記事

工具

共用部分の機器と連動

マンションの各住戸のインターホンは、エントランスなどの共用部分の機器と連動しています。そのため個人で交換などをすることはできません。故障の際には、管理会社に対応してもらう必要があるのです。ただし管理会社の許可があれば、セキュリティのために簡易的なインターホンを追加で取り付けることは可能です。

インターホン

住環境関連の製品

通信技術の発達により、様々な生活スタイルに対応した激安インターホンが登場しています。家を留守にしがちな人には、来客の動画をスマホへ転送できるインターホンが適しています。電池式のワイヤレスインターホンには設置が簡単でオプションが充実しているという特色があるため、高齢者世帯におすすめです。

婦人

全国各地に拠点あり

インターホンの交換は、自分でするよりもインターホン交換の会社に頼むのが良いです。取り付けた後の保証があるのかを確認して、会社選びをしてみて下さい。出張費やキャンセル料金が無料で、対応がはやいと評判の会社があります。

ドリル

機能性から選ぶ

マンションでインターホンの設置工事をする場合には、新規設置なのか新調なのかによって総費用が変わります。配線の交換工事が必要かどうかはそのマンションの建てられた年代によって違うので、必ず確認をしてから交換工事をしましょう。