工具

共用部分の機器と連動

マンションの各住戸のインターホンは、エントランスなどの共用部分の機器と連動しています。そのため個人で交換などをすることはできません。故障の際には、管理会社に対応してもらう必要があるのです。ただし管理会社の許可があれば、セキュリティのために簡易的なインターホンを追加で取り付けることは可能です。

ニュース一覧

インターホン

住環境関連の製品

通信技術の発達により、様々な生活スタイルに対応した激安インターホンが登場しています。家を留守にしがちな人には、来客の動画をスマホへ転送できるインターホンが適しています。電池式のワイヤレスインターホンには設置が簡単でオプションが充実しているという特色があるため、高齢者世帯におすすめです。

婦人

全国各地に拠点あり

インターホンの交換は、自分でするよりもインターホン交換の会社に頼むのが良いです。取り付けた後の保証があるのかを確認して、会社選びをしてみて下さい。出張費やキャンセル料金が無料で、対応がはやいと評判の会社があります。

ドリル

機能性から選ぶ

マンションでインターホンの設置工事をする場合には、新規設置なのか新調なのかによって総費用が変わります。配線の交換工事が必要かどうかはそのマンションの建てられた年代によって違うので、必ず確認をしてから交換工事をしましょう。

玄関

安心や安全をより安く購入

激安のインターホンは、ネットのフリーマーケットやオークションなどで多く出回っており、人気を集めつつあります。性能やデザインなどをしっかりと見極めて購入することにより、相場よりもかなり安い費用でインターホンを取り付けることが可能です。

作業する人

ドアホンの種類

マンション用のインターホンは、セキュリティ対策が万全なものを選んでおくと安心です。カラー液晶はもちろん、警報機能付きのものや録画機能付きのものが主流になりつつあります。住人の安全を確保するために、色々な面を考慮して選びたいところです。

男性

カメラ機能は必須

多機能なインターホンでも価格が激安になりつつあります。エントリーモデルでもカメラ機能や録画機能が搭載されていて、無線モデルでも一万円台で購入できます。高機能もでるも機能を考えれば激安でスマートフォンと連動してホームシステムの一環として機能します。

取り換えについての注意点

手

事前の確認が大切です

インターホンの交換をする時にはまず現在付いている物がどの種類の物なのかを確認しましょう。テレビドアホンなのか、インターホンのみの物なのか、現在取り付けている物と別のタイプのインターホンに交換するならば新しく取り換える物がちゃんと設置出来るのかを確認しておくのも事前準備に大切な事です。交換する際にご自身で交換するのか、もしくは業者にお願いするかによって内容も変わってきます。ご自身で交換されるのであれば電源プラグ式インターホンなのか乾電池式インターホンなのかを確認してから交換しなければいけません。例えば現在お使いのインターホンが乾電池式の物で次に交換される物が電源プラグ式の物だった場合は電源プラグを差し込めるコンセントを探さなければいけません。もし近くにコンセントが無い場合はご自身で取り換える事が出来ない為この場合は業者に頼む事になります。その他にも業者でないと交換できない物があります。マンションのオートロック、電気錠、集合ドアホン等になります。次に業者への申し込み方法ですが、現在お使いのインターホンのメーカーに電話をして、申し込み書を送付もしくはFAXで送ってもらい、そちらを記入します。そして次に記入した申し込み書をメーカーに送り、次にメーカー側から請求書が送られてくるので契約料を振り込みます。メーカーから入金の確認が出来たら契約書が送られてくるので後はご都合のいい日を指定して交換にきてもらえるという流れになります。業者に頼むと安全に取り合えてもらえますがその分費用もかかります。ご自身でお取替えされる場合はもちろん費用は抑えられますが失敗してしまう可能性もありますので交換をお考えの箇所を事前にご確認されてから決めるというのがいいかと思います。

オススメ記事

工具

共用部分の機器と連動

マンションの各住戸のインターホンは、エントランスなどの共用部分の機器と連動しています。そのため個人で交換などをすることはできません。故障の際には、管理会社に対応してもらう必要があるのです。ただし管理会社の許可があれば、セキュリティのために簡易的なインターホンを追加で取り付けることは可能です。

インターホン

住環境関連の製品

通信技術の発達により、様々な生活スタイルに対応した激安インターホンが登場しています。家を留守にしがちな人には、来客の動画をスマホへ転送できるインターホンが適しています。電池式のワイヤレスインターホンには設置が簡単でオプションが充実しているという特色があるため、高齢者世帯におすすめです。

婦人

全国各地に拠点あり

インターホンの交換は、自分でするよりもインターホン交換の会社に頼むのが良いです。取り付けた後の保証があるのかを確認して、会社選びをしてみて下さい。出張費やキャンセル料金が無料で、対応がはやいと評判の会社があります。

ドリル

機能性から選ぶ

マンションでインターホンの設置工事をする場合には、新規設置なのか新調なのかによって総費用が変わります。配線の交換工事が必要かどうかはそのマンションの建てられた年代によって違うので、必ず確認をしてから交換工事をしましょう。